アニメ

一度は見てほしい日本のアニメ映画7選!

アニメ映画って、いいですよね。

開始してすぐのワクワク感をそそる演出は、実写映画にもない良さじゃないでしょうか。また、テレビ版とは違う臨場感や作画、音楽。劇場版ならではの醍醐味は何度体験しても最高です!

今回は、僕がみなさんに一度は見てほしいと思える作品をご紹介したいと思います。

 

なお、今回の選考からジブリ映画は外させていただきました。名作ぞろいですが、殿堂入り扱いとさせてください。
また、選考は僕の個人的なものです。言うに及ばず、僕自身が見た作品しか入っていませんのでご了承ください。

 

それでは、どうぞ!

 

 

 

東京ゴッドファーザーズ

ホームレス三人組と赤ちゃんをめぐる、東京の一夜の奇跡――

ギンちゃん、ハナちゃん、ミユキの三人は東京のホームレス。そんな三人組が、クリスマスの夜にゴミ捨て場で赤ん坊を拾ってしまう。ハナちゃんが赤ん坊を勝手に「清子」と名付け、境遇を憐れんで三人で親探しをすることに。ひたすら東京を歩くなか、起きる騒動の数々。浮かび上がる三人の過去。いくつもの奇跡が織りなす東京喜劇。

観終わったあと、素直に「いい作品を観た」と思わせてくれる良作。

しんしんと雪降る東京の夜は本当にきれいなんだけど、ホームレス三人組のまあ汚らしいこと。第一印象はまんまホームレスです、当たり前だけど。そこに清子という何色にも染まってないファクターが入り込んで、物語は動き出します。

清子の親を捜し歩く三人に、東京の光と闇がコミカルに絡んでくるんです。東京という街は怖いところもあります。ただ、コミカルなんだけど真剣なんです。登場人物たちには実際に生きている世界で、優しさも怖さも真剣なものなんです。だから引き込まれるわけです。

そして三人組それぞれの過去。共通するキーワードは「家族」でしょうか。ホームレスになるには理由がありますよね。そして三人組もひとつの「家族」のような集まりに思えます。清子にも両親がいる。

この作品に描かれる「家族」の関係。それは多くの人が共感できるものではないでしょうか。「家族」に疲れたとき、この映画に答えがあるような気がしてなりません。

 

涼宮ハルヒの消失

消えた日常と残った少女、少年は選択を迫られる。

クリスマスを控えた放課後、SOS団はいつものように部室に集まっていた。傍若無人な団長・涼宮ハルヒも、無口無表情無感情の長門有希も含めていつも通りだった。しかしある日、登校したキョンを待ち受けていたのは涼宮ハルヒが消えた世界。かつて消えたはずの朝倉涼子が学校にいて、長門有希は性格が変わってしまった世界。SOS団が、無くなってしまっていた――

まず言いたいのは、この映画は決して原作を知らずとも楽しめるということ。でなければそもそもここに選びませんが。

たしかに、原作小説やテレビアニメ(第1期)を視聴済みの方が最大限楽しめることは言うまでもありません。そこは当然のことでしょう。しかしこの作品は映画として優れているんです。特に演出は単なるテレビアニメの劇場版とは一線を画しています。

まず時間からして約160分と長い。しかしそれを感じさせない内容。

主人公のキョンが非日常に振り回されるというのは涼宮ハルヒシリーズのお約束ですが、この「消失」は他とは趣が違います。全体を通して暗いイメージが付きまとうのです。冬の色褪せた色感と相まって、サスペンスを強調しています。

主人公のキョンはひとつの選択を迫られるわけですが、そこに高校生の少年少女的な青春要素と作品のテーマを感じるのです。それはひとつの映画作品として素晴らしいものだと感じました。

涼宮ハルヒシリーズを知らない人にこそ(可能であればアニメの1期や原作を知った上で)観てほしい一作です。

 

ガールズ&パンツァー劇場版

スリリングかつ超激戦の戦車バトルを、刮目せよ!

戦車道全国大会で優勝し、廃校の危機を脱したかと思われた大洗女子学園。しかし、それは決定事項ではなかった。あくまで口約束だとされ、あえなく再び廃校の運命を辿る、かに思われた。
生徒会長の杏により、廃校を免れる道が生まれた。ただしそれは、大学選抜チームに勝利するという条件付きだった。しかもそのリーダーは島田流戦車道家元の娘で、若干13歳にして選ばれた天才少女である。さらに戦車の数も8対30という圧倒的な差。果たして、大洗女子学園の未来は――

僕自身は、上映終了間近になんとか一度だけ映画館で観ることができました。やたらと話題になっていたから、こいつは観ておこうと思ったわけです。そのために一日でレンタルしたDVDのテレビアニメを観終えます。正直、テレビシリーズは退屈でした。劇場版の評判でハードルが最大限に上がっていたせいか、普通のアニメにしか感じませんでした。

しかし、劇場版が始まって数分でその印象は覆されたのです。耳をつんざく砲撃音。大迫力の戦闘シーン。特に中盤から終盤の大学選抜チームとの戦いは、圧巻の一言でした。ダイナミックなアクションと胸躍る展開。ラスト間際の緊張感。

ガルパンはいいぞ、と言いたくなりますわ。リピートする気持ちが良く分かる。

いやもうホントにぜひ観てほしい。映画館の迫力には(特に音響面)一歩譲りますが、DVDでも充分に面白い!! 充分興奮できます!!

ただ、アニメシリーズを見てないと最初の展開についていけないかも……、だから候補から外そうかとも思ったんですが、それでもこれは見てほしいと思い載せました。

 

サマーウォーズ

ひとりの少年とひとつの家族が戦い抜く、ひと夏の戦争。

数学が取り柄な高校二年生・小磯健二は夏休みの昼間を、ネット上の仮想世界であるOZの保守点検をして過ごしていた。そこに、一学年上の女生徒・篠原夏希が別のバイトを持ちかける。それは、片田舎にある夏希の実家へ出向き婚約者のふりをするというものだった。
急な無茶ぶりをなんとか乗り切る健二。そして屋敷での夜、健二は携帯に送られてきたメールの数字の羅列を解いて返信してしまう。翌日、健二のOZでのアバターが、大事件を引き起こしたとしてニュースになっていた!

地上波でも、何度か放映されています有名作品です。

かつて「劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」という短めの映画がありましたが、今作と同じ細田守監督の作品ですね。内容が似通っていて、セルフパロディー的な関係であるみたいです。割と有名な話ですね。

内容は、いわば「普通の少年が世界を救う」といった内容です。数学がめちゃんこ得意な時点で普通なのか、という議論はさておいてもこういう展開は大好物です!

僕も普通の少年(いまはもう大人だろと)なのででしょうか。三ヶ月に一回くらいの頻度で「世界救いてー」とかマジで思ってるあたり救えないのは僕でした。

ヒロインのおばあちゃんである陣内栄がひとつキーキャラクターなんですが、この栄おばあちゃんから中盤の展開が始まります。自分の祖父母と重なるところがあったりして、人の想いの大切さってものに考えさせられるところがあるんです。

もうひとつ「花札」がキーアイテムになるのですが、終盤これが登場するシーンは手に汗握ります! OZは現実でいうSNS的な扱いで……「なるほど、こうくるか!」と思わされました。よくまとまり、まっすぐなメッセージが伝わってくる名作です。

 

君の名は

圧倒的美麗映像が、ふたりの恋を彩る。

1000年に1度のすい星が1ヶ月後にやってくる。
緑豊かで坂多き田舎町の糸守町に、宮水三葉はうんざりしていた。そんなある日、三葉は夢を見た。都心に住む男子高校生として都会の生活を楽しむ夢。
一方、都心に住む立花瀧も妙な夢を見ていた。それは田舎町に住む女子高校生として生活を送る夢――
やがて三葉と瀧は、お互いの心が入れ替わっていることに気付く。戸惑いながらも距離を縮めてくふたりだったが、突如として入れ替わりをしなくなってしまう。瀧は三葉の姿を求めて糸守町へ行くことを決心する。

世界各地で大ヒットを飛ばした「君の名は」。もちろん僕もスクリーンで見ました。かつてないくらいの話題作でしたからね。

あまりに美しい映像と、深く溶けあった音楽。奇妙な入れ替わりラブストーリーに心打たれた……。

近頃の映像作品は、恋愛や青春を銘打っていてもどこか迂遠な気がする。いかに新しい作品を作るかが先走っているようなラブストーリーが多い。流れとして仕方ないことだけど。

だけどこの作品は違う。恋愛の真ん中を行く物語だ。「シンデレラ」や「美女と野獣」よりも真っすぐな恋愛だ。みていて時にむずがゆいような気がするほど。

異常なほど美しい世界に、ふたりの愛は負けていないと言い切れる。心に残る映画。

 

楽園追放

全編セルルック3DCGで描く、色んな意味での未来を見せてくれる作品。

西暦2400年、地球から離れた電脳世界ディーヴァにハッキングが仕掛けられた。フロンティアセッターと名乗ったハッキングの犯人を追跡すべく、ディーヴァの捜査官であるアンジェラ人造生体でもって地上へと降り立つ。現地の協力者のディンゴとともに荒廃した地球を調査するアンジェラ。毛嫌いしていた地上世界での生身の生活とディンゴとの日々を経て、アンジェラの意識にも変化が生まれてゆく。そして、フロンティアセッターの正体と目的とは――

壮大なストーリーではあるものの、主要登場人物は少なく明快な展開で話は進んでいきます。下手に風呂敷を広げすぎることなく、手慣れたような印象を受けました。もちろん、小手先で作ったという意味ではなく!

しかし、全編セルルック3DCGのアニメ映画という好き嫌いな別れそうなところで、観てみれば違和感など無かったと言えます。というか、このあたりのバランスに良さを求める人たちは結構いてもおかしくないんじゃないかなと。

それに、主要人物三名の声優がピタっとハマってましたね。強気で自信のあるアンジェラの釘宮理恵。一筋縄ではいかない色気のある男に三木眞一郎。神谷浩史はフロンティアセッターが意外だけどなるほど感。

あと、主題歌が作中でひとつのファクターとして出てくるんですけど、そのシーンが印象に残って余韻のように響いてましたね。総じて、素晴らしい映画です。

 

ハーモニー

個人の肉体にまで及んだ管理社会で、少女たちはなにを思う――

アメリカから世界規模に及んだ「大災禍」から復興した世界は、その反動で市民のひとりひとりの体調さえ管理するような生命至上主義社会に生まれ変わっていた。多くの人々がその恩恵を受けるなか、御冷ミァハはそんな世界に抗い集団自殺を試みる。ミァハの思想に同調した霧慧トァンと零下堂キアンとともに。三人の少女のうち、ひとりは死にふたりは生き残った。
13年後、トァンは日本から離れていた。しかし、あることで日本へと戻ることになりキアンと食事をとる。そのとき起きた、世界で同時多発した自殺事件の被害者としてキアンは自殺する。「ごめんね、ミァハ」そう言い残して。

34歳で死去した作家の伊藤計劃さんの原作小説の映画化作品。書店でコーナーが作られていて、それを切っ掛けに書籍を手に取りました。SF小説は好んで読まなかったけれど、この人の作品は別でした。同作者の「虐殺器官」も相当良い出来でした。

そして映画化していることを知りDVDをレンタルして視聴。それは期待していたとおりの映像作品でした。

「ハーモニー」という小説自体があまり動きのある内容ではありません。必然的に映画もそうなることは理解していました。もしかすると、アクション的な面白さを求めている方には退屈かもしれません。

あるいは素晴らしすぎる原作を知っているがために正確な評価が出来ていないのは僕の方なのでしょうか? しかし、原作で感じたトァンとミァハのあざなえる縄のように絡みつく関係性の表現は良かった。正直自分ならキアンのような道を進むだろうなという感覚も、同じように感じました。

この映画は良かった。万人には勧められないが、まずは見てほしい。そう言えます。

それと、EGOISTが歌うエンディングの「Ghost of a smile」は最高にマッチしていました。超おすすめ曲です。

 

アニメ映画を無料で見よう

ネットで(アニメに限らず)映画を観ようと思った方には、動画配信サービスがおすすめです。やっぱり映画を見るには画質・音質が良くないともったいないですからね。

無料のお試し期間のうちに退会してしまえば料金はかかりません! 見たい作品だけ、気になる作品を見てから、あるいはギリギリまで利用してからでも期間内であれば無料です!

ただし、その場合は期間を過ぎてしまわないように気を付けてください。しっかり日付をメモしておきましょう。

もちろん体験してみて気に入れば継続して利用するのもアリ!

U-NEXT

U-NEXT見放題作品だけで8万本!レンタル作品の5万本と合わせれば13万本のラインアップ!

加入の特典で600ポイントチャージされるので、そのポイントを使えば無料でレンタル作品も見られるんです!

今回、紹介した中だと……

東京ゴッドファーザーズ
涼宮ハルヒの消失
ガールズ&パンツァー劇場版
サマーウォーズ
君の名は
ハーモニー

が見放題で見られます。

有名でおすすめのサービスです!

U-NEXTを31日間無料体験!

本ページの情報は2019年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA